川口を元気にする、川口を伝える、住む人が集う、

川口フリークな 『クラフト』 ビアレストラン

クラフトとは、手芸、民芸、工芸品を意味し、職人が魂を込めて作り続けたもの。

醸造・鋳物文化のある川口は、まさに職人たちが作りあげた「クラフトシティ」

先人達の使命感、精魂こめた手作りの日々と想いを受け継いだ者達が

ここ川口ブルワリーから『クラフト』『醸造』を発信。


川口から醸造文化発信


東京がマンハッタンなら、川口はブルックリンだ!

若者によるクラフトビール造りを通して

川口を再び醸造文化のある街にしたい!!


川口と東京


川口に存在したビール工場(~2003)

川口に存在したサッポロビール(株)の埼玉工場

かつて、醸造(味噌造り)が盛んだった

川口伝統の味噌造り

ブルックリンとマンハッタン


ブルックリンは川口と似た背景

ブルックリンとマンハッタンを結ぶ橋
ブルックリンの街並み


川口という街の地理とモノづくりが盛んであった文化が、

アメリカのブルックリンなった。

ブルックリンは、マンハッタンからを渡り30分程度。

さらにかつては、工業地帯だった。

これが、東京と川口の関係や文化と類似

今では、工場を利用したギャラリークラフトビール造りなど、文化の香りが漂う。
こんな話を関係先から伺い、ブルックリンに視察に行ってオープンに向けたイメージを膨らませた。


 

川口もかつては麦味噌づくりによる醸造文化があり、
2003年までは大手ビールメーカーの工場があった。

そのように、再び醸造文化がある街「川口」にしたいという想いから
川口ブルワリースタートした。